ランキング参戦中!

↓↓↓応援クリックお願いします(=´ω`=)↓↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 パチンコブログへ JRANK ブログランキングへ

(注)別のページに飛びますが、それが投票になっていますのでご安心ください。
なお、同IPからのアクセスは1日1回しか集計されません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初心者マーク】スロットで勝つ方法④ 

( °o°)ハッ


「人気ブログランキング2位」


ここまで、上ってきてもうた…
最近1日1ランクずづ順位が上がるので、喜びとともに、ある種の恐怖を覚えずにはいられないちづおです。


純粋に応援クリックによるものなのか…
はたまた「すろ端プロジェクト」早く発動しろ!という暗黙のプレッシャーなのか…
それともバレンタインデーだからなのか…(*´エ`*)



まあ、あれこれ考えてもしょうがないんで、とりあえず、いつもどおりブログを書いていきます。
これからも「すろ端」応援よろしくお願いしますね(v^ー°)


さて、今日は【初心者マーク】第4弾!
これまでの【初心者マーク】を読んでくださった方々には、もうスロットで勝つ方法が理解できてると思います。

『前回の復習』

「押忍!番長は1日打つと、設定1は平均約14000円負け、設定6は平均約32000円勝てる計算」
「実際に打つとなると機械割108%を目安に立ち回るのがよい」
(忘れちゃった方はこちら


しかし、108%を目安に立ち回っていると、しばしば、打つ台がないという状況に追い込まれます。
それでも期待値を稼ぐにはどうすればよいのか?

そこで、今日はハイエナ(ハマリ台狙い)とは何かを説明したいと思います。Ranking




●ハイエナとは?
ハイエナとは、基本的にハマっているゲーム数の台を狙う立ち回りのことです。
ハイエナを知るには、ハイエナが出来る機種について理解する必要があります。


●ハイエナできる機種
ハイエナできる機種とは、ストック機のことです。
ストック機とは、ボーナス成立時に成立ボーナスを一旦貯留し、RT(リプレイタイム)のテーブル振り分けに応じて、ボーナスを放出することで、意図的な連荘や、ハマリを生み出している機種のことです。

何のこっちゃ?と思う方が多いと思うので、具体的な例を挙げて考えてみたいと思います。



【内部BIG】 1/3
【内部REG】 1/3

【RTテーブル】
1G 20%
2G 20%
3G 20%
30G 40%

の機種を考えます。

最初はストックが0なので、内部BIGとREGが成立するまで、ボーナスは放出されません。

「最初に内部的にBIGorREGが成立した時」
RTテーブルの振り分けに応じて1G後、2G後、3G後、30G後のどこで成立したボーナスを放出するかを選択します。
たとえば3G目に最初のBIGが成立したとします。
すると
4G目にBIGが放出される可能性は 20%
5G目にBIGが放出される可能性は 20%
6G目にBIGが放出される可能性は 20%
33G目にBIGが放出される可能性は 40%

になるわけです。

ここで、30Gが選択されたとします。
33G回すまでにも、内部BIGやREGはそれぞれ1/3で成立しているので、成立したボーナスは一旦内部に貯蓄(ストック)されます。
33G回すまでに、平均15個ボーナスがたまるので、33Gにボーナスが1個放出した際も、ボーナスのストックがなくなることはありません。

この時、放出した時に、RTテーブルの振り分けに応じて、次回ボーナスを放出するゲーム数を選択します。
つまり次回は3G以内に放出する確率が60%、30Gで放出する確率が40%というような感じです。

後はこれが繰り返されるだけなので、以下のようにボーナスが放出されると考えられます。

33 BIG
2 REG
1 BIG
1 REG
3 BIG
30 REG
3 REG
30 BIG
1 BIG
1 BIG
1 BIG
3 REG
2 REG
3 BIG
30 REG
30 BIG
2 REG
3 REG


ここで、ちょっと考えてみると、

「4~29Gはボーナス放出がないので打つだけムダ。」

ということがわかると思います。
ということは、

「なるべく30Gに近いG数の台を打って、3Gでヤメるのが最も効率がよい。」

ということも自然とわかると思います。

そうです、このようなストック機の特性を利用した立ち回り方をハイエナというのです。

ストック機でハマる最大ゲーム数(ここでは30G)のことを「天井」と呼びます。
早いG数でボーナスを放出する(ここでは1~3G)ことを「連チャン」と呼びます。

ということで、ハイエナとは、
「なるべく天井に近いG数から打ち始めて、連チャンするゲーム数の終わりでヤメる」
立ち回り方のことを指します。


まあ、実際の機種はこんなに単純じゃないのですが…
とりあえず、ハイエナの概念はわかっていただけたと思います。


ハイエナのメリット、デメリットについて

●メリット
・時間効率がよいので、短時間勝負ができる
・一回の投資金額が少なくて済む
・機種ごとの攻めるG数と、ヤメるG数を覚えればいいだけなので簡単

以上の点から、時間のないサラリーマンや、スロット始めたばかりの初心者に向いている立ち回りといえます。
実際にちづおも初心者の時はキンパルのハイエナから始めました。
(ストック満タンで機械割200%!(笑))



●デメリット
・ライバルが多いので、打つ台数が限られる

基本的に現在のゲーム数をみれば、すぐに期待値がわかるので、そんな台はすぐに誰かに取られてしまいます。
逆に、ライバルが少ないホールを見つければ、これほど楽な立ち回りはないので、店選びも重要です。



具体的なハイエナ方法は、ニュー島唄、嵐のハイエナ術などを参考にしてみてください。

今日の気になるパチスロ記事
「店長を辞めた時☆」
→パチスロランキング
10位元釘師額のパチ日記さん

他の気になるパチスロブログはこちら(←人気ブログランキング)

アクセス解析
スポンサーサイト

コメント

ここのフェブラリーS予想に期待!!


 
秋のG1予想が凄かったから、今回も少し期待してます。

http://keiba.bufsiz.jp/top.html
 
 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chizuou.blog29.fc2.com/tb.php/103-95dccd01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。